腹斜筋を使ってお腹周りの血行促進の情報ページ

MENU

腹斜筋を使ってお腹周りの血行促進

腹斜筋

骨盤を使ってあげることでお腹周りの動きも良くなる傾向があります。そのため便秘の解消に役立ちますが、骨盤を使うことで、腹斜筋を使えるようになりやすくなります。

 

腹斜筋は主に奥と表側のちょうど中間の様な筋肉でお腹周りの血液を心臓まで戻すために必要な役割もある、結構大事な筋肉です。骨盤ダイエットを行っている際は運動の他にも食事などを気にしていたりしませんか?

 

食事でも特に効果的なのはシジミに多く含まれるオルニチンなんだそうです。特に肝臓に対して効果があるので、二日酔いとか男のイメージがあるかもしれませんが、シジミは男性だけでなくカロリーを気にするダイエットをしている人にも良いそうです。

 

肝臓は胆汁を分泌しますが、胆汁酸と呼ばれる成分が少なくなることで腸内環境が悪くなります。胆汁は小腸とかに吸収や排泄などするので、胆汁が多いと悪玉菌も増えるようです。そうするとやはり悪玉菌が増えることで便秘にもつながるし、お腹周りがポッコリしてきます。

 

そんなときは胆汁酸が少ないというのはわからないので、私の様に骨盤ダイエットでお腹を引っ込めようとしますが、胆汁酸を増やすようなオルニチンやタウリンなどを摂取すると良いですよね。

 

オルニチンとかタウリンとかはシジミや牡蠣など貝類に豊富です。

腹斜筋を使ってお腹周りの血行促進 関連記事

腹斜筋を使ってお腹周りの血行促進の関連記事です。


 
 
 
 
 
 
 
 
 

胸の筋肉を使う運動はマシンとか自体重とかもしくはエクササイズとかでも非常に多く存在します。腕を前ならへの状態に出す、プッシュ動作や内側に腕を寄せる動作でも使われるので、ほとんど日常的にも使われる筋肉...


 
 

腕っぷしを強くするというとやっぱりリストが強いという別名もあります。ちょうど手首から肘にかけてを強化するというのがちょうど腕っぷしを強くするという事に繋がりますが、二の腕や力こぶの...


 
 

握力を強くすることは以外にも色々役に立ちます。握手がてらに昔は力を入れて握力があるとかないとか、また握力計を使って握力を計ったこともあると思います。...


 
 

総合格闘技などしている方やレスリングをしている方など結構肩の部分がボコッと発達しています。首と肩の間もボコッとしていますが、この部分は僧帽筋と呼ばれる部分ですので、今回は肩の部分である三角筋にスポットを当てていきたい...


 
 

そのため、骨盤の動きが良くなるというよりも骨盤の動きも安定してきます。このように消化などの放射熱などを高めて新陳代謝を向上されることでダイエットにもウコンは向いています。胆汁酸をうまく分泌するのもダイエットに繋がる...


 
 

もう少しウエストが細くなっていければ良いと感じますが、骨盤の方もダイエットで動かすだけでなく整体とか行ってケアの方を頑張ろうと思います。ハマグリのお吸い物を飲むようにしてから二日酔いも弱くなったし、お酒も若干強くなったような気がします。...


 
 

サプリでも人気になっているのがオルニチンですが、ハマグリなど貝類に多く含まれています。しじみにも多いので、食品としてうまく食べるにはしじみをしじみ汁とかで食べるのが良い...


 

▲腹斜筋を使ってお腹周りの血行促進上へ戻る



腹斜筋を使ってお腹周りの血行促進 ページの先頭に戻る