腸腰筋を上手く鍛えるには?の情報ページ

MENU

腸腰筋を上手く鍛えるには?

腸腰筋

腸腰筋というとぎっくり腰の原因の筋肉になりやすい所です。

 

主に筋筋膜炎では腸腰筋が比較的多い場所ですし、運動では走るスピードなどに関係してくるので、足をよく使う方は強化したい場所になるでしょう。

 

主に腸腰筋は鉄棒などにぶら下がって足を延ばした状態から股関節を前にしていくような運動が強化につながると言われています。

 

腸腰筋は非常に長く骨盤をまたいで股関節に付着している安定性に欠けるユニークな筋肉です。

 

結構筋トレなどをしていても腸腰筋が疲労してよく使ったな〜という感覚になりにくい筋肉でもあります。

 

上手く

腸腰筋をちゃんとしっかり使うというのは他のエクササイズを並行して行う事が大事です。

 

特に股関節の部分の筋肉全般でどの可動域でも筋力が抜けないようにまずすることがポイントになります。

 

理由としては股関節でも特に伸展した状態でこれ以上後ろに行かないようにするために作動する筋肉です。

 

ですので、後ろに伸ばすように足を使った際に反動で勢いよく前に足を出すというと気によく使われます。

 

足を伸展しようとすると足の筋力が抜けてしまい、腰が反ってしまいやすいので、まずは足の伸展した際に足の筋力が抜けないようにすることから始めるというのが大事かもしれません。
筋トレではバリスティックに使用するというのが比較的NGであったりしますが、腸腰筋はスポーツ的要素が強い筋肉でもあるので、出来るだけ日常生活や競技に合った使い方とされるバリスティックな使い方でトレーニングする方が良い場合もあります。

 

腸腰筋を上手く鍛えるには? 関連記事

腸腰筋を上手く鍛えるには?の関連記事です。


 

ニキビ肌の場合には結構皮脂量も多い場合があるかもしれません。特に鼻の周りやTゾーンなんかはかなり皮脂が多く分泌しやすい所です。しかし頬や顎の周りはどちらかという...


 
 

力こぶをこんもりさせてパワフル感を見せつけたいと思う事はあるかもしれません。男性の方が圧倒的に多いと思いますが、女性で力こぶを見せつけようと思う人は極端に少ない...


 
 

腹筋を使うトレーニングを行う際にはクランチがあります。以前首の力が加わり易かったり、起き上がる必要がないといった事などを書いた記憶があります。今度は続編ではない...


 
 

腸腰筋というとぎっくり腰の原因の筋肉になりやすい所です。主に筋筋膜炎では腸腰筋が比較的多い場所ですし、運動では走るスピードなどに関係してくるので、足をよく使う方...


 
 
 
 

二日酔いとか強かったりしながらお酒が好きな場合には、ダイエットも食事を制限するダイエットになりがちです。動きたくないですもんね。オルニチンサプリは、しじみサプリ...


 
 

胸の筋肉を使う運動はマシンとか自体重とかもしくはエクササイズとかでも非常に多く存在します。腕を前ならへの状態に出す、プッシュ動作や内側に腕を寄せる動作でも使われるので、ほとんど日常的にも使われる筋肉...


 
 

腕っぷしを強くするというとやっぱりリストが強いという別名もあります。ちょうど手首から肘にかけてを強化するというのがちょうど腕っぷしを強くするという事に繋がりますが、二の腕や力こぶの...


 
 

握力を強くすることは以外にも色々役に立ちます。握手がてらに昔は力を入れて握力があるとかないとか、また握力計を使って握力を計ったこともあると思います。...


 
 

総合格闘技などしている方やレスリングをしている方など結構肩の部分がボコッと発達しています。首と肩の間もボコッとしていますが、この部分は僧帽筋と呼ばれる部分ですので、今回は肩の部分である三角筋にスポットを当てていきたい...


 
 

そのため、骨盤の動きが良くなるというよりも骨盤の動きも安定してきます。このように消化などの放射熱などを高めて新陳代謝を向上されることでダイエットにもウコンは向いています。胆汁酸をうまく分泌するのもダイエットに繋がる...


 
 

もう少しウエストが細くなっていければ良いと感じますが、骨盤の方もダイエットで動かすだけでなく整体とか行ってケアの方を頑張ろうと思います。ハマグリのお吸い物を飲むようにしてから二日酔いも弱くなったし、お酒も若干強くなったような気がします。...


 
 

サプリでも人気になっているのがオルニチンですが、ハマグリなど貝類に多く含まれています。しじみにも多いので、食品としてうまく食べるにはしじみをしじみ汁とかで食べるのが良い...


 

▲腸腰筋を上手く鍛えるには?上へ戻る



腸腰筋を上手く鍛えるには? ページの先頭に戻る