カラーリングをしている際のシャンプーの情報ページ

MENU

カラーリングをしている際に良いシャンプーは?

カラーリング

カラーリングをしている際はシャンプーなど気を配っていることはありますか? カラーリングやパーマなどは日々のシャンプーによって長持ちさせたりすることが出来ます。 カラーやパーマなどをした髪はダメージがありますが、シャンプーでは洗浄力1つでキューティクルが開いたりすることもあるので、カラーなどの色素なども外に出てしまう場合があります。 ですので、カラーなどをしている際は石鹸シャンプーは比較的相性が良くない場合もあります。弱アルカリ性というのも1つですが、弱酸性でも髪のキューティクルが開いてしまう事もあります。 その1つには洗浄力が強すぎるとキューティクルが開いてしまうので、いかに良いトリートメントを使用していても髪のダメージの部分は防ぐことが出来るかもしれませんが、カラーの退色などは進みやすくなってしまいます。 ですので、髪のダメージの事も考えながらカラーなどの退色を防ぐ方法としてアミノ酸系シャンプーを使用する方が良いでしょう。 アミノ酸系シャンプーというと様々な種類があり、洗浄力も色々ありますが、洗浄力が弱めのシャンプーを使用していくというのが大事です。 カラーをした髪も退色して髪にカラーを入れなおすこともあるので、なるべく普段から洗浄力が強くないタイプのシャンプーを使用していくのがおすすめです。
カラーリングをしている際のシャンプー 関連記事

カラーリングをしている際のシャンプーの関連記事です。


 

胸の筋肉を使う運動はマシンとか自体重とかもしくはエクササイズとかでも非常に多く存在します。腕を前ならへの状態に出す、プッシュ動作や内側に腕を寄せる動作でも使われるので、ほとんど日常的にも使われる筋肉...


 
 

腕っぷしを強くするというとやっぱりリストが強いという別名もあります。ちょうど手首から肘にかけてを強化するというのがちょうど腕っぷしを強くするという事に繋がりますが、二の腕や力こぶの...


 
 

握力を強くすることは以外にも色々役に立ちます。握手がてらに昔は力を入れて握力があるとかないとか、また握力計を使って握力を計ったこともあると思います。...


 
 

総合格闘技などしている方やレスリングをしている方など結構肩の部分がボコッと発達しています。首と肩の間もボコッとしていますが、この部分は僧帽筋と呼ばれる部分ですので、今回は肩の部分である三角筋にスポットを当てていきたい...


 
 

もう少しウエストが細くなっていければ良いと感じますが、骨盤の方もダイエットで動かすだけでなく整体とか行ってケアの方を頑張ろうと思います。ハマグリのお吸い物を飲むようにしてから二日酔いも弱くなったし、お酒も若干強くなったような気がします。...


 
 
 

▲カラーリングをしている際のシャンプー上へ戻る



カラーリングをしている際のシャンプー ページの先頭に戻る