ウコンの成分はクルクミンという成分の情報ページ

MENU

ウコンの成分はクルクミンという成分

ウコンの成分

ウコンの成分はクルクミンという成分なんですが、このクルクミンが肝臓に少し取りすぎたりすると負担に繋がるようになってくるようです。

 

ウコンには秋ウコンや紫ウコンなど3種類ほどの種類があり、炎症を抑える作用があると言われています。

 

炎症を抑える効果があるというのは抗炎症作用とも言われていますが、シャンプーやスキンケア化粧品などでよく見られます。生姜とかもそうですよね。

 

ウコンは二日酔いを防ぐためだけではないので、普段から愛用しても良いですし、クルクミンというかたちで販売されているのもあるのでぜひ見てみてくださいね。私は最近お酒を飲まなくなってきたのでウコンも活用しなくなったけどたまに飲む時はコンビニでウコンの力を買って飲むようにしています。

ウコンの成分はクルクミンという成分 関連記事

ウコンの成分はクルクミンという成分の関連記事です。


 

ウコンのサプリメントといってもたくさんの商品があります。ウコンのサプリメントを選ぶ際には、ポイントを抑えた選び方をすることよって、より高い効果を発揮し...


 

サイトマップしたりしています。クシで髪をとかしたり...


 

▲ウコンの成分はクルクミンという成分 上へ戻る



ウコンの成分はクルクミンという成分 ページの先頭に戻る