髪に良いシャンプーで洗髪する日記

髪に良いシャンプーで洗髪する

世界では国によってはシャンプーを使用しないで洗髪を行ったり独得な文化を形成したりしています。日本ではシャンプーとかがない頃は、クシで髪をとかしたり、椿油で髪に艶を出していました。

 

ただ清潔に保てたかというのは疑問なのでやはりフケや今では少なくなったシラミというのが多かったようです。日本では今ではシャンプーをほとんどの方が使用していると思いますが、海外でもほとんどの国ではシャンプーを使用しています。

 

ただ水が違い硬水や軟水などの違いがあるので同じシャンプーを使用しても各国の水質によって洗浄力が変わったり泡立ちが変わったり同じシャンプーでも違いがあるようです。

 

髪の汚れを落とすためにシャンプーは必要不可欠ですが、髪の汚れを落とすと言う意識だとゴシゴシ髪の汚れを落とそうとするので髪が傷んでしまいます。髪は99%ケラチンというタンパク質で構成されていますが、シャンプーの際はキューティクルが開く事で髪の内部がさらけ出される感じなりますが、シャンプーによってケラチンが流出する事で髪が傷むそうです。

 

なのでシャンプーで髪を洗いすぎると髪が傷み、自然とコシがなくなりやすいんですよね。髪を洗うというよりも髪にはワックスなどを付けている場合でもゴシゴシこすらないようにしていくというのが大切です。

 

なのでシャンプーの前のすすぎをしっかりしていくとよいでしょう。そしてシャンプーでは、頭皮を洗うようにしていくと髪に傷ができずに頭皮もキレイさっぱりするのでよいかもしれません。

シャンプーでコシが出やすい

シャンプー

シャンプーでコシが出やすいのがありますが、やはりシャンプーの方法というのを頭皮を中心にケアできる様にしていくと髪には一番良いかもです。

 

頭皮を洗うということでは洗浄力が強すぎると代謝が低下してしまいやすく、フケと相まって、フケが解消できなかったのがシャンプーを変えても改善しなくてシャンプーを薄めて使用したら改善したように、やはり洗浄力との問題もあるのかもしれません。シャンプーにはアミノ酸系から石鹸など様々ありますし、同じ種類でも洗浄成分が違う場合もあり、洗浄力も違いがあったりする事があります。

 

シャンプーにこだわると石鹸に始まり、トリートメントやクレンジングなどこだわり始めてスキンケア製品やヘアケア製品など様々な消費癖に行き始めることもあるので、ほどほどのを選ぶとよいでしょう。